iPhone7に乗り換えるなら今!

アイフォン7の予約
>9月9日16時01分開始<

正式販売は9月16日からなので、今のうちに乗り換え予約を済ませておきましょう。今回のiPhone7と7Plusは防水機能が新装備され、Suikaもスマホで使えるフェリカ機能もついてかなり便利に。乗り換えするなら今がチャンスです!

やじるし やじるし やじるし


アイフォン7、発売日の最新情報まとめ

アイフォン7発売日最新情報まとめ

アイフォン7の気になる発売日は2016年9月16日(金)に決定!

↑乗り換え予約はコチラ↑

 

最新情報によると、アイフォン7では新色のディープブルーが追加、それに伴いスペースグレーが廃止されました。

 

アイフォンのカラー廃止は5以来で、アイフォン7のカラーバリエーションはシルバー、ゴールド、ロースゴールド、ディープブルーの4色展開に。

 

見た目の変化もアイフォン7に関してはベゼル(画面横のディスプレイでない幅)が少なくなっています。

 

ベゼルをなくし、画面の大きさを変えずにサイズを小さくするそうなのて、女性にとっては片手でも操作がしやすくなりそうですね。

 

またアイフォン7とアイフォン6との違いはたくさん出ています。

 

アイフォン7のカメラは「シングルレンズカメラ搭載モデル」と、「デュアルレンズカメラ搭載モデル」になると言われ、カメラの出っ張りの部分がなくなったり、アイフォン7はカメラモラージュの薄型化により周囲の高さと同じに。

 

そしてアイフォン7は

 

アンテナライン(白い帯)イヤホンジャックが廃止

 

イヤホンの端子だけでなく、イヤホンの端末廃止に伴いスピーカーが追加されるというのです。

 

またアイフォン7はイヤホンの端子だけでなく、左右のイヤホンを繋ぐコードもなくなり、完全ワイヤレスのBluetoothイヤホンがオプションとして発売されることが発表されています。

 

さらにアイフォン7ではユーザー待望の防水対応になることが予想されていますが、水に触った指でも感知することができる「pixel eyes」の採用が見込まれています。

 

薄型化についてもアイフォン7は新しいセンサーの構造、素材の活用により、0.8ミリメートルから0.5ミリメートルまで縮めることができるようです。

 

それに加えアイフォン7はバッテリーの待ち時間(充電)の長さの向上もあり、バッテリーの駆働時間がアイフォン6と比べてみても、おおよそ1.5倍になるそうで、短時間でバッテリーが切れていた人にとっては嬉しい機能向上になりそうです。

 

アイフォン7、アイフォン6Sとの違いは?

アイフォン7とアイフォン6の違い

 

これから新発売となるアイフォン7と、現在販売されているアイフォン6Sにはいくつかの違いがあります。

 

見た目にはそれほどの違いはないように見えますが、現時点では3つの違いがあるとされています。

 

アイフォン7とアイフォン6の違い その1

アイフォン7とアイフォン6Sの一番の違いは、イヤホン端子が廃止されることかもしれません。
現在のアイフォン6Sでは、スピーカーと同じ位置にイヤホン端子があります。アイフォン7ではこのイヤホン端子がなくなり、廃止した場所にもう1つスピーカーを設置すると言われているのです。
イヤホン端子がなくなれば、イヤホンで音楽が聴くことができないと思われるかもしれません。しかし、イヤホン端子を廃止する代わりに、ワイヤレスのBluetoothイヤホンがアイフォン7には付属すると言われています。

 

アイフォン7とアイフォン6の違い その2

二つめのアイフォン7とアイフォン6Sの違いは、カメラモジュールの薄型化です。
現行のアイフォン6Sは、背面のカメラモジュールが外側に飛び出しています。そのため、デスクの上などに置いたときに、がたついてしまう問題点がありました。
アイフォン7でカメラモジュールが薄型になれば、周囲と一体化されフラットになるでしょう。見た目も良くなるので、デザイン的にも良い改善点として高く評価されています。
また、カメラモジュールは薄型化だけでなく、性能がアップすることも予想できます。アイフォン6Sよりも、綺麗な画像や動画を撮影できるはずです。

 

アイフォン7とアイフォン6の違い その3

最後の違いとして挙げられているのは、背面にあるアンテナ線です。
アイフォン6Sまでのシリーズには、背面にアンテナ線がありました。
しかし、アイフォン7ではアンテナ線が上部と下部に移されることになり、背面から消えることになります。
特徴的だったアンテナ線がなくなることで、これまでよりもスッキリとしたデザインになるでしょう。

 

アイフォン7とアイフォン6Sの違いは、

 

これまでのアイフォンの不満を解消しつつ、アイフォン7は更にデザイン性が向上している

 

ことです。

 

アイフォン7の魅力

アイフォン7の最大の魅力は、やはり今まで搭載のなかった防水機能の搭載ではないでしょうか。

 

アイフォンはアンドロイド系のケータイに比べ不具合が少ないことでユーザーからの支持を得ていました。

 

しかしその一方でアイフォンに防水機能がないことで雨の日やふとした瞬間にケータイが水に触れてしまい故障してしまうことを恐れて、機能やデザインがよくてもアンドロイド系のケータイを使用するユーザーも少なくありませんでした。

 

それではなぜ今までアイフォンには防水機能が搭載されなかったのでしょうか?

 

ユーザーから支持を得るユーモアな機能を今までたくさん現実にしてきたにも関わらず、ケータイにほしい機能の中では割と重視されるであろう防水機能がなかった理由はappleがアイフォンのスリム化にこだわり続けたからでしょう。

 

より本体をコンパクトに薄くすることに努め、ハンドフィットを追求していくうえで防水機能とスリム化を比べた時スリム化が優先されたようです。

 

しかしより今回のアイフォン7では、全世界で定着する電子機器をめざしユーザーの声を取り入れて防止機能の搭載にのりだしたように思われます。

 

それではアイフォン7に防水機能が搭載されて、本体のスリム化、従来のハンドフィットに特化したフォームではなくなるのか、という声もありますが、コンフォーマルコーティングという耐水性のあるものを本体の基盤に取り入れていて、これを取り入れても本体の重さは約130gなので、重さはアイフォン6と同じと考えていいでしょう。

 

これでアイフォン7は従来のスリム化を追求しつつユーザーが求める防水機能が実現すると噂されています。

 

そのほかにも注目されている新機能として

 

lightningケーブルなどを介さずに充電ができるワイアレス充電

 

があげられます。これは各メディアでもアイフォン6に搭載されるのではと予想されていましたが、その予想は外れに終わりました。

 

しかしapple watchにワイアレス充電が搭載されたことにより、新作であるアイフォン7でその新機能が搭載されることは有力でしょう。

 

もちろんlighningケーブルを介した充電ができなくなるわけではありません。ですがアイフォン7ではケーブルにも一工夫加えられ、今までアイフォン側の接続口がリバーシブルだったものが、USB接続側がリバーシブルに変更となるようです。

 

アイフォン7のデザインに関しては未だに様々な噂があります。

 

上下のスペースをすべてディスプレイにしてしまうスタイル、すなわちホーム画面以外はディスプレイということです。

 

従来のアイフォンでは下のスペースにホームボタン、その上にディスプレイがあるというスタイルでしたが、アイフォン7はディスプレイを最大限に使えるようにするために考えられたものだと思われます。

 

さらにもう一歩進んでアイフォン7はホーム画面も画面内に内蔵されるという情報もあります。これはホームボタンでの指紋認証が反応しなくなったり、時によっては陥没してしまう心配のあってのことなのでしょうか。

 

ほかにもアイフォン7では両サイドのスペースが削られてsamsungのedgeシリーズのような形になるのでは?という声もあります。

 

また気になる色の展開ですが、これまでアイフォン5はブラックとシルバーの2色、アイフォン6でゴールドが追加され3色、そしてアイフォン6Sで薄いピンクゴールドが新色として登場しました。

 

そして今、アイフォン7の新色として期待されているのがブルーです。

 

ブルーといってもアイフォン5Cのようなビビットカラーのブルーではなく、ディープブルーです。

 

アイフォン7の新色として期待されるブルーは、マットな雰囲気が特徴のディープなブルーですので、見る角度や見る人によってはブラックやネイビーに見えてしまうことでしょう。

 

今回のアイフォン7、スペックやデザインに見受けられる特徴は従来のappleよりの視点ではなく、ユーザーの声をしっかりと反映した作りになっているのが魅力かもしれません。

 

ソフトバンクオンラインショップ